症状が悪化する前に気づく!水道水漏れについて学ぶ

症状が悪化する前に気づく!水道水漏れについて学ぶ

配管工事

水回りのトラブルについて考える

生活する上で水は欠かせないものです。だからこそトラブルが起こると、生活に支障をきたすケースがほとんどです。軽度のものなら自力で修理することもできますが、水道内部のトラブルなら業者でなければ対応が難しくなります。水道水漏れを放置していると、悪化することもあるので、症状に気づいたら放置せず早めに対応しましょう。

水漏れ

信頼できる業者選び

業者へ依頼する時はできるだけ、状態を確認しておくことをオススメします。簡単な修繕であれば費用が高くなることは少ないですが、蛇口の交換が必要になると、料金がかさみます。できるだけ症状を把握し、依頼前に質問することで、より詳細な見積もりを出してもらうようにしましょう。また相場を把握するためにも、1つの業者ではなく、他社の見積もりと比較することも忘れずに行ってください。

水漏れを直す方法

水道

水を止める

水漏れしている箇所と症状を確認します。その後、水を止めるために、止水栓を締めます。修理の際に分解をすることが多いため、事前に水を止めておかないと作業の妨げとなります。水が流れ続けると水道代もかかるため、忘れずに止水栓を締めましょう。

分解

バルブやナットなどを締め直すだけで症状が改善することもあります。そうでない場合は分解して確認する必要があります。注意する点としては、実際に水漏れしている箇所のみを分解することと、手順を覚えておく事を心がけてください。

部品の取り替え

原因が分かったら、その箇所の部品を取り替えます。ホームセンターで部品を購入できますし、もし不安であれば、取り外した部品を持ち込み、店員に確認しましょう。サイズが違うと症状が改善しないため、必ず合ったものを購入するよう注意してください。

組み立て

部品を取り替えたら、元通りに組み立てていきます。その際、ナットやボルトをきつく締めすぎないよう注意が必要です。強く締めすぎると、圧迫され破損する可能性もあります。また、組み立ての手順を間違えないよう、分解時に写真を撮るなど記録することをオススメします。

最終確認を行う

水漏れがなくなったかどうか最終確認を行いましょう。自分で対応して少しでも困ったことがあったり、症状が改善しなかったりする場合は、無理せず業者に相談してください。家を快適に保つためにはプロの力も必要です。

広告募集中